Let's have a hobby!

多趣味な管理人が綴る雑記趣味ブログ   ~趣味を持とう!~

テンプレート
え?趣味が多い?そんなの関係な~い!人生、楽しく送らなきゃ。
せっかく与えられた 「人生」という名の時間 を自分の思うままに使って何が悪い!

~Enjoy your life!~


貴方は、 人目くらいの訪問者です。

BVE5データ製作記Ⅱ

前回の記事を読む

 

何から手を付けたらいいのか、サッパリですが、ファイルの成り立ちくらいは、作っておきましょう。どんなファイル構造になっているかというと…

本家サイトの方に丸々のかっていました。まあ、私には理解できない、ローマ字がずら~っと並んでいます。

こんな時は、「分からないけど、とりあえずやってみる」に尽きます。そうすれば、だんだんと覚えていきます。いくはずです(・ω・)

 ファイルの配置だけする

f:id:regitimate:20121122022855j:plain

デフォルトの「京成千葉線」に習って、同じように組み立てていきます。この画像のフォルダーと、もう一つの外に出ているテキストファイルがあります。

 シナリオを書く

f:id:regitimate:20121120005537j:plain

このように入力していきます。

ルールとしては、

  • “=”の前後には半角スペースを設ける
  • フォルダーの中のモノを指定したい場合は、¥を挟む

程度でしょうか。もちろん、余分な事を書いてはいけません。

f:id:regitimate:20121120005523j:plain

※立川~青梅になっていますが、青梅~立川の間違いです。

結果的にこのようになりました。

では、順番に説明していきます。

このテキストは、最初の色々ぶち込んだフォルダーの外にあります。

最初に「Bvets Scenario 1.00」と打ちます。「このテキストは、BVEのシナリオだよ~」という意味です。ココから枝分かれしていきます。

「Title」とは、その名の通り「タイトル」です。これでしたら、「青梅線の路線の各駅停車だよ」ということになります。

「Author」とは、「作者」のことです。自分のニックネーム等を入れておきます。

「Image」は、「イメージ」です。画像形式が、JPEGかPNGだそうです。フォルダーにぶち込んでいます。

f:id:regitimate:20121122025129j:plain

シナリオを選択するトコロの下にある詳細です。デフォルトでは、この左側の画像がイメージになります。

ちなみに私は、青梅線の主力、E233系0番台をチョイス。かなり画質を落としています。2年くらい前に撮ったものです。

f:id:regitimate:20100813120218j:plain

「Route」は、「路線」です。これも、テキストファイルで、先ほどのフォルダーの中に入れています。

「RouteTitle」とは、「路線名」。デフォルトでは「京成千葉線」になっていますね。

「Vehicle」は、日本語で「車両」。例のフォルダーの車両を入れるフォルダーを作ります。その中のテキストファイルを指しています。

「VehicleTitle」は、そのまま「車両名」となります。車両の型式でもいいですし、愛称でも構いません。なんでも大丈夫です。

最後の「Comment」は、「コメント」です。言っておきたいこと、路線の説明等、なんでもOKです。

フォルダーの方に入れたのは、

  • E233-0 F    車両のデータを詰めます
  • sounds F    音を入れます
  • structures F   ストラクチャーを入れます
  • E233-0.txt    対向列車のデータです
  • map.txt     ゲームデータの核です
  • signals.csv   信号のリストです
  • sounds.txt    音のリストです
  • sounds3d.txt   連続的につなげられる音のリストです
  • image.jpg    イメージ画像です
  • stations.txt    駅のリストです
  • strutures.txt   ストラクチャーのリストです

の11個です。

名前書いて配置しただけなので、中身は空っぽです。

細かいフォルダーは、まだやっていませんが、その時になってから作ります。

大まかな配置は出来たので、次回から、テキストファイル等の中身を埋めていくことにしましょう。

 

次の記事を読む



Copyright (C) 2012-2017 Let's have a hobby! All Rights Reserved.