Let's have a hobby!

多趣味な管理人が綴る雑記趣味ブログ   ~趣味を持とう!~

テンプレート
え?趣味が多い?そんなの関係な~い!人生、楽しく送らなきゃ。
せっかく与えられた 「人生」という名の時間 を自分の思うままに使って何が悪い!

~Enjoy your life!~


貴方は、 人目くらいの訪問者です。

ハンドル 交換

色々購入ハンドルバー 紹介」で紹介したBazookaのハンドルです。

f:id:regitimate:20131212174351j:plain

交換していきましょう。

まず純正はコレ。

f:id:regitimate:20131213141056j:plain

純正っていうか、ビフォーですね。今まではコレでした。

まずは、どんどん外していきましょう。

外す順序としては…

  1. ミラー・エンドキャップ
  2. バーエンドバー
  3. グリップ
  4. ベル
  5. デュアルコントロールレバー
  6. ライトマウント・サイコンブラケット
  7. ハンドルバー

の順です。

外したバーエンドバーは、バーセンターバーとして中心に移動させ、新たに調達したバーエンドバーを端に装着。

バーエンドバーの購入記事はコチラ→「バーエンドバー 購入

 

裸になったバーは、ステムのボルトを緩めるだけで引き抜けます。

f:id:regitimate:20131213142530j:plain

こうしてみると、ライズ、スイープ共に、結構あります。

そもそも、ハンドルの交換に至ったのは、このライズのせいでステムを下げてもハンドルは上に来てしまいます。

「だったらバーだけ逆さにすればいいだろ(`´)」となるかもしれませんが、ステム周りに平らな空間がほしかったのと、パーツを中心に寄せたかったのが交換理由です。

ついでにグリップは洗っちゃいます。

f:id:regitimate:20131213144115j:plain

…色が復活した!?

単にキレイにするだけではなく、濡らしておくことによって、はめ込み時の摩擦を軽減できます。嵌めやすくなるという訳です。

 

では、バーを組んでいきます。

f:id:regitimate:20131213145059j:plain

中心は目印があるので揃えやすいですね。

上下が反転しないよう、Bazookaのロゴの向きに注意します。

はめる順は…

  1. ライトマウント
  2. デュアルコントロールレバー
  3. バーセンターバー
  4. ベル
  5. グリップ
  6. バーエンドバー
  7. ミラー・エンドキャップ

です。

サイコンブラケットは、バンドがないので保留。ミラーが見えないのは、付け忘れ。

f:id:regitimate:20131213151438j:plain

パーツのボルトは締めず、仮組み状態です。

戦闘的な雰囲気になりましたねぇ~(^.^) イメージ通り♪

後は、角度の微調整をして本締めに入ります。

 

この隙間は、近いうちにパイプカッターを買ってきて、切り詰めます。

 

さあ、仕上げのバーテープに入ります。

f:id:regitimate:20131212175150j:plain

この為に用意していたのですよ。

f:id:regitimate:20131212175433j:plain

カーボン柄。

所々にカーボン(というより”柄” 本物は高いので…)を織り交ぜたいと思っています。これはその第一弾。

 

厳密に言えば第二弾です。既に「ペダル交換」でカーボンを使用しています。ですが、カーボン繊維の模様がある訳ではないので、カウントしなくても良いかと。

 

それでは、巻いていきます。

力の掛かる方向に巻いていきます。左側は時計回り、右側は反時計回り。試験的にセンターは逆回りでやっています。

f:id:regitimate:20131214154755j:plain

どちらも手前から奥に巻いていきます。

こうすることにより、ビニールテープを貼らなくて済みます。

エンドまで来たら、予め外しておいたキャップをバーテープ諸共ねじ込みます。

f:id:regitimate:20131214111315j:plain

まあ、初めてにしては合格でしょう。

 

交換してみて、狙い通りにいった感じです。ライズがないので、ハンドル高が下がりました。

ただ問題点も出てきました。

  • ワイヤーの取り回しが窮屈に
  • スイープが緩くなったことにより、ハンドルの位置が近く感じる様に

前者はワイヤー長の調節で、後者はステム交換で解決できるでしょう。

 

 

 おまけ

 

各パーツの大体の重さです。

  • 純正ハンドルバー 264g
  • NEWハンドルバー 190g
  • グリップ 68g×2=172g
  • ミラー 76g
  • ベル 20g
  • ライトマウント 30g
  • エンドキャップ 1g
  • バーセンターバー 72g×2=144g
  • バーエンドバー 62g×2=124g

よって、709g→759g です。コレにレバーも入れると1kg超えますね…

バーテープも巻いているので、その分も重くなっています。操作機器が集中する場所ですので、仕方がないのかもしれません。

ただ、もうチョット軽くしたいなぁ…

グリップ変えるかバーテープに変更するかすれば、軽くなるのかもしれません。



Copyright (C) 2012-2017 Let's have a hobby! All Rights Reserved.