Let's have a hobby!

多趣味な管理人が綴る雑記趣味ブログ   ~趣味を持とう!~

テンプレート
え?趣味が多い?そんなの関係な~い!人生、楽しく送らなきゃ。
せっかく与えられた 「人生」という名の時間 を自分の思うままに使って何が悪い!

~Enjoy your life!~


貴方は、 人目くらいの訪問者です。

ミンティアUSB 作ってみた。

ミンティアのケースを利用して、USBメモリーを作ってみました。

知る人ぞ知る。知らない人は全く知らない…

「何言ってんの?」って人もいるかもしれませんが、見ればわかります、はい(^^)

 

材料はコチラ。

f:id:regitimate:20140709163700j:plain

  • MINTIAの空ケース
  • 市販のUSBメモリ

何でもいいです。

今回は、試験的に作成するので、古びた2.0のUSBを使います。

地味に18GBあるので、侮れませんよ(^v^)

 

 1.USBの分解

f:id:regitimate:20140709164050j:plain

分解してUSBの基盤のみを使います。抜け殻は使用しません。

同じ型のをもう1つ持っているのですが、構造がわかって、コレはコレで面白かったです。

男子と言うモノ、潜在的に内部構造にそそられるものがあるのかも知れませんね。

 

 2.ミンティアの分解

f:id:regitimate:20140709165755j:plain

種も仕掛けもありません。

隙間をこじってパカッとしてやりゃイイのです。

 

 3.ケース加工

この手の作業は、現物合わせで行っていきます。

干渉する部分を削っていくだけ。普段、中を拝むことはないのでスーパー適当で(^^)

f:id:regitimate:20140709171316j:plain

このミンティア出口から端子を出します。

スライドさせて格納も可能なように細工したかったのですが、技術的問題とメモリの物理的なサイズの関係で、「出しっぱなし」状態の仕様になります。

持ち運びは無理そうですね(-_-;)

そして、ピンバイスで穴もあけます。

f:id:regitimate:20140709172437j:plain

「ここらへんかな~」現物合わせです。コレは表面に穴をあけています。

何故かと言うと、ココの穴からUSB認識のLEDライトの確認をできるようにする為です。

尚、穴をあけた個所は、裏から透明な極薄のプラ板を貼って埃の侵入を防ぎます。

 

 4.ドッキング

さあ、メモリとケースをくっ付ける作業に入ります。

f:id:regitimate:20140709172456j:plain

クドイ様ですが、現物合わせです。また、汚くてもOKです。見えないから(笑)

試行錯誤しながら、固定できるように仕向けていきます。

f:id:regitimate:20140709173419j:plain

こうなりました。

1mm角、2mm角のプラ角棒を使いました。接着はゴム系接着剤です。

 

ここで、ふたを閉めて完成!

…でも、イイんですが、ちょっとギミックを(^^)

 

 5.ギミック追加

画像で見てもらった方が早いでしょう。

f:id:regitimate:20140709175035j:plain

2mm角棒の二段重ねで仕切りを作り、USBの反対側に3mm径丸棒を刻んだものを多数入れます。

勘のいい人は、もうお分かりでしょう?

 

 6.完成!

f:id:regitimate:20140709175722j:plain

ミンティアUSBの完成です!

例のギミックは、ミンティアらしく「振るとシャカシャカする」と言うおまけ的要素。

チョット粒が小さいので、音が軽いかな(^_^.)

もっと大きくすれば、実際の音に近づくでしょう。

 

言うまでもなく、普通のUSBと同等の扱いができます。

ただ、難点が1つ。「デカい」という事。

込み合った横配列のUSBポートだと隣のUSBに干渉します。

縦配列ならば、問題ないでしょうね。むしろ、薄いので有効かと。

 

いつかは、今回の反省を踏まえて第2弾を作ってみたいですね(^^)



Copyright (C) 2012-2017 Let's have a hobby! All Rights Reserved.