Let's have a hobby!

多趣味な管理人が綴る雑記趣味ブログ   ~趣味を持とう!~

テンプレート
え?趣味が多い?そんなの関係な~い!人生、楽しく送らなきゃ。
せっかく与えられた 「人生」という名の時間 を自分の思うままに使って何が悪い!

~Enjoy your life!~


貴方は、 人目くらいの訪問者です。

MAXXISチューブ「ウルトラライト」 購入

こんにちは、かしゃいぬです。

今日は自転車のチューブを買ってきましたので、報告します。

予備チューブ購入

自転車で走っているとパンクはするものです。

迅速に修理するためにチューブを持ち歩くことをお勧めします。

ロングライドをする人は出来れば2本準備しておくと安心ですね(^^)

今回は、その2本目を買ってきたのであります。

f:id:regitimate:20141212172041j:plain

私がいつも使っているMAXXISチューブ「ウルトラライト」を購入しました。

MAXXIS(マキシス) ULTRA LIGHT TUBE ウルトラライトチューブ 700x18~28c 仏式バルブ 48mm 3MX-UL214

MAXXIS(マキシス) ULTRA LIGHT TUBE ウルトラライトチューブ 700x18~28c 仏式バルブ 48mm 3MX-UL214

 

チューブは自転車(ホイールやタイヤ)によって異なるので、注意して買う必要があります。

 

いざ、開封

はい。特に何も驚きはしないんですが(←えw

チューブだけが入っています。当たり前ですねw

f:id:regitimate:20141212172119j:plain

このままサドルバッグなりツールボトルなりに突っ込んでしまうのは、あまりお勧めしません。

開封しないで突っ込むのもありっちゃありですが、かさばりますよ。

 

オススメの予備チューブの保存方法!

どうするかというと「ラップで包む」のです。

まずは、写真のようにバルブの反対側からカタツムリのように巻いていきます。

なるべく伸ばしながら空気を追い出すように巻きます。

f:id:regitimate:20141212172500j:plain

すると、元々入っていた空気が集まってきます。

「こんなに入っていたのか!」と驚かされます(@_@)

バルブを緩めて空気を抜きます。

が、固着防止の白い粉がパフッと噴出してくることがあるので、気を付けましょう。

f:id:regitimate:20141212172547j:plain

空気抜きは終了です。

お好みのサイズで巻いていきます。これは収納スペースのクリアランスなどで決めていくのがオススメ。

短く太くするか、長く細くするか…

↓長めに巻いた例

f:id:regitimate:20141212172725j:plain

 

ここまで来たら、ラップで巻いていくだけです。普通の家にあるラップでOK

f:id:regitimate:20141212183724j:plain

圧縮気味に巻いていくとコンパクトになります(/・ω・)/

 

如何に荷物を減らすか、コンパクトに収めるかがスポーツ志向の自転車では重要になってきます。チューブなんて、フニャフニャなんですから、小っちゃくできます。

また、ラップに包むことで、無駄に空気に触れなくなる、よってゴムの劣化を遅らせられるというのと、一緒に詰め込むモノとの摩擦での擦り切れ防止につながります。

「いざ使うときに穴空いてた…」なんて、悲劇以外の何でもありません。

そんなのは、死んでも嫌ですからね(^^;)



Copyright (C) 2012-2017 Let's have a hobby! All Rights Reserved.